風俗求人に応募した理由は、
色々ありますが、主人と別居中なので。お金と自由がほしくて
別居したいと考えながら、歩いていたときに 軟派されたのが嬉しくて
お茶を飲んでいたときに、風俗求人に応募してみませんか?


声をかけられたのが始まりです。


「私は31歳です。」
と話したときに、「若く見えますよ。20代前半ぐらいかと」


社交辞令でも嬉しくて。


風俗求人に応募したのです。


そのときに主人との別居を決意して、アパートの契約も済ませました。

結婚したときから、主人の実家で暮らし、主人の母と3人暮らしで
子供が出来るまで、働くことに。


結婚して5年が過ぎましたが、子供は出来ませんでした。
そのうち小姑(主人の姉)が子供をつれて私たちの家に居候。

それから生活のリズムが狂いだし、別居を決意させるまでこじれてしまいました。


主人との大喧嘩が別居のタイミングになったのです。

今は自由な時間と、初めての男性と魅力的な時間を過ごし
結婚生活よりも充実していると思います。


一番の楽しみが今日のお客さんはどんな人だろう。
初めてのお客様は、「ぺロ高橋さん」風俗求人の間で有名な人。


私は恥かしくて、うつむいたまま「ぺロ高橋さん」を出迎えます。


「ぺロ高橋さん」は満面の微笑みで私の前に。